住宅需要の傾向 | 自然素材の家でハウスダストから身を守れ!
お金と住宅模型

住宅需要の傾向

求められる住宅の形

お金と家

一戸建て住宅は、住宅の定番の形として昔から人気があります。埼玉県のふじみ野市でも一戸建ての需要は高く、たくさんの建設が行われています。その一戸建て住宅の最近の変化では、平屋住宅の増加が目立ってきたことです。平屋住宅とは1階建ての建物となり、その分建物面積が広いのが特徴です。高度成長期まではこのような平屋住宅は一般的な形でしたが、核家族が進みだしてからは2階建て住宅が普及してきました。ふじみ野市でも平屋住宅が増えてくるようになり、注文住宅や建売住宅としても販売されています。これらが求められる理由には、1階建ての特徴から移動が楽なところです。このメリットは特に高齢者世代に影響が大きく、移動がスムーズにいかない年代になってくると平屋の一戸建てが生活がしやすくなってきます。ふじみ野市にもともと住み続けている高齢者や、老後のために引っ越してくる人にはこういった形の一戸建ては人気です。最近は子育て世代にも平屋の一戸建てが見直されるようになり、アットホームな雰囲気を優先して選ぶ人も多いです。

平屋に必要な負担

一戸建て住宅には、庭が持てる特徴や自由に敷地内を扱っていくことができるメリットがあります。平屋の一戸建ても同じく移動がしやすいなどのメリットはありますが、一般的な2階建て住宅とは違う特徴も重視しなければなりません。まず、2階を設けない点からその分1階部分の土地を広く持つ必要があります。家族の人数も考えて最低限必要な生活スペースを保つために、土地の広さは重要です。しかし、土地が広ければその分費用も高くなります。建物や土地の費用だけでなく、税金面でも負担が大きくなる可能性もあります。その点をよく理解した上で、住宅の理想を求めていくのが大切です。ふじみ野市は、若い世代を中心に人口増加が進んでいます。一戸建ての市場も活発となっているので、住宅を選ぶ際は全体的な面から検討していくようにしましょう。